大阪河内長野市の整体-コタキカイロプラクティックセンター

腰痛、ヘルニア、肘痛、肩痛、股関節痛、顎関節症、脊柱管狭窄症の方が最後に訪れる整体院

声を出すと両耳の下の首が鳴る

声を出すと両耳の下の首が鳴る 河内長野市の整体
声を出すと両耳の下あたりで「ミシッ」と首が鳴ると言われて、60代の女性(河内長野市)が来院されました。

当院でみさせて頂いたところ、首の一番上の骨に歪みがありました。

この歪みのために首が鳴るようです。

早速、カイロプラクティック整体で調整したところ、首が鳴ることもなくなりました。

詳しくは下記で解説しています。

声を出すと両耳の下の首が鳴る

施術を受けた方の話

首が鳴る状態は、約2年ほど前からはじまり、両耳の下あたりの首が鳴っています。この音は声を出すたびに聞こえていて、口を開けただけでは鳴りません。

ここ数ヶ月は気にならないほどでしたが、1ヶ月くらい前に無理な作業(引っ越しの手伝い)をして以来また首が鳴るようになりました。

趣味で本の音読をしてるのですが、声を出したときに聞こえる「ミシッ」という音が気になって仕方がありません。

以前、コタキカイロプラクティック整体で、腰痛・坐骨神経の痛み・股関節の痛みが改善したので今回も相談しました。

体の歪みを確認する

首が鳴るところは、首の一番上の頚椎のすぐ近くで鳴っているようです。

それでは、体の歪みを確認していきましょう。はじめに座った姿勢で、体の前正面と背中側から見てみましょう。

両耳の高さ、左右の肩の高さが違う

この方は、顔と首に歪みがあり、両耳の高さと、左右の肩の高さが違うことがわかりました。

両耳の高さや肩の高さが違うのは、上部頚椎が歪んでるときに起こりやすくなります。(上部頚椎は、首の一番上の背骨のことで、頚椎1番と2番のことをさしています。)

首の歪みは、首より下の背骨や骨盤の歪みが原因してるかもしれません!

腰を丸めて座る腰猫背

今度は背中の歪みを確認していきましょう。

この方は、腰猫背になっていました。

腰猫背は、腰を丸めて顎を前に突き出す姿勢ことです。腰猫背では背骨のカーブが失われやすくなります。

腰が丸くなる原因で一番よくみられるのが、背中を丸めた悪い座り方をすることです。

今度はうつ伏せになって背骨と骨盤のみていきましょう。

腰猫背に多い骨盤の後傾

はじめに骨盤から調べてみます。

この方の骨盤は、腰猫背の人によくみられる骨盤の後傾(骨盤が後ろに傾いてる状態)はそれほどではありませんでした。

ただ、背骨のカーブがなく、腰椎5番(腰骨の一番下の骨)が後ろに張り出したようになっていることがわかりました。

全体的に背骨がストレートで、背骨のカーブが少なくなっているので、腰痛を起こしやすいタイプといえます。

それに、腰の5番の骨は、骨盤のすぐ上にある骨で、骨盤の影響を受けやすく、首の1番の骨に影響します。

カイロプラクティック整体には、腰骨と頚椎が連動した動きをするという考え方があります!
次は首を確認してみましょう。

首のストレートネック

問題の首は、ストレートネックになっており、首の一番上の頚椎もやや後傾するようになっています。これでは頭を支えるには不安定な感じがします。

首の一番上の頚椎は、頭と首を結ぶ骨なので、ここが歪むと頭の傾きの原因になります。さらに今回のように、首が鳴るということも起こってきます。

頭蓋骨の歪みと顎関節のずれ

頭蓋骨の歪みですが、後頭部の骨(後頭骨)や頭の側面の骨(側頭骨)の歪み。それに顎関節にずれがおこっていないか確認します。

この方は、頭の傾きがみられました。やはり首の一番上の骨の歪みが関係しているようです。

ソフトな歪み矯正

当院の矯正はすべてソフトで痛みがありません。

矯正は、うつ伏せ姿勢、仰向け姿勢、あとは座っておこないます。

骨盤矯正

はじめに、骨盤矯正していきましょう。

うつ伏せ姿勢で、骨盤の腸骨と仙骨をそれぞれ骨盤矯正していきます。

次に、腰骨を微調整します。その他の背骨も同じように微調整していきます。

ここまでの矯正もすべてソフトなものなので、痛みもなく心地よいものです。

自律神経と頚椎1番

首の一番上の頚椎は、自律神経に関わりの深いところでもあります。

そのため、背骨の矯正は、微調整にとどめておきます。これは、後ほどおこなう頚椎1番の矯正の下準備のようなものになっています。

首の一番上の頚椎を矯正するときは、その他の背骨の矯正は最小限に抑えることで、矯正後の疲れを軽減しています。

骨盤矯正と背骨矯正が終わったところで、先程の腰椎5番をチェックします。

後ろ側に張り出すような感じが随分とやわらぎました。

それに全体的に筋肉の緊張も和らいでいます。

今度は、仰向け姿勢で、後頭部の骨の調整をおこなってから、座る姿勢になっていただきます。

うなずく動作が苦手

ここからは、上部頚椎を調べていくことにしましょう。

首を前後左右に動かしていただいて動きを確認します。

少しだけですが、首をうなずくようにする動作がしっかりとできないことがわかりました。

首が鳴る

次は首が鳴る状態を確認しましょう。

座った姿勢で、少しあごを引いて声を出しても首は鳴りませんでした。

逆に少し上を向くようにして声を出してもらうと首の音が大きくなりました。

これはうつ伏せ姿勢で調べたときと同じく、首の一番上の頚椎がやや後ろ側に倒れるように歪んでいるからです。

さらに、別の検査方法を使って、首の一番上の頚椎を調べましたが、やはり後ろ側に歪んでいるようです。

どうやらこの歪みが、首が鳴ることに関係しているようです。

首の矯正後

矯正は、仰向け姿勢でポキポキしない優しい施術 でおこないました。

その後のチェックで、声を出しても首が鳴ることもなくなりました。さらに、やや上を向いて発声しても首は鳴りません。

最後に首の動きをチェックして終了です。

まとめ

今回の「施術レポート」は、首の歪みと、声を出したとき一緒に首が鳴るというものでした。

結果的に、首の一番上の頚椎の歪みが関係していましたが、ストレートネックも上部頚椎に悪影響です。

最近では、ストレートネックの他に、スマホ首やスマホネックと呼ばれる肩こり首こりもありますが、予防には、やはり背筋を伸ばすことが大切ですよね。

長時間にわたって、腰をまるめるスマホ姿勢は、ストレートネックと首の歪みの原因になるので注意しましょうね。



その他の施術レポートをご覧いただけます 読んで体験する整体